【注意点・コツまとめ】スニーカーの汚れを靴を傷めずに綺麗に洗濯する方法

生活

外出する際には必ず履く靴、せっかくですので、長く清潔に履きたいですよね。
お気に入りの靴だったら尚更です。

パパ
パパ

毎日履くから、どうしても汚れちゃうよね。

ママ
ママ

大丈夫、靴を傷めないで洗う方法もあるよ♪

しかし、注意点もあります。洗い方を間違えると、靴を傷めてしまい、余計に寿命を縮めてしまいます。

こちらでは、お気に入りのスニーカーを傷めずに洗う方法をご紹介します。

洗う前に靴の素材を確認しよう!

水洗いができる素材
  • 布製
  • 合皮製
水洗いができない素材
  • 革製
  • スエード製

靴を洗う2つの方法

靴を水洗いする方法は主に2つです。
手洗いする方法と、洗濯機で洗う方法です。

靴をなるべく傷めたくない人

靴をなるべく傷めたくない人は、手洗いがおすすめです。
洗濯機で洗うと楽ですが、洗濯機の壁に靴が何度も当たり、傷みの原因になります。
どうしても洗濯機を使いたい場合は、脱水はせず、「洗い→すすぎ」のみにすると最小限の傷みに抑えられます。

なるべく手間を掛けずに洗いたい人

傷みはそんなに気にせず、とにかく楽に洗いたい人は洗濯機一択です。
中敷きを外して、洗濯ネットに靴と中敷きを入れます。
その後、洋服を洗うのと同じように選択をします。

手洗いする方法

シミ汚れの付いたスニーカーを洗う

実際に手洗いする方法を解説していきます!

簡単だよ~~~!

こちらのナイキの赤色の靴を実際に洗っていきます。

写真では分かりにくいですが、シミ汚れのようなのが付いてしまっています。

雨の日に履くとこういうシミできちゃうんですよね。
ちなみにこの靴は、毎日履いている訳ではありませんでしたが、2年位洗ってませんでした。

必要なもの

手洗いに必要なもの
  • 選択用洗剤
  • いらない歯ブラシ
  • バケツ(靴が入ればOK)
  • お湯

バケツは靴が入る大きさなら何でも良いです。
今回使ったのは7.5Lのバケツです。

バケツがない場合は、洗面台のシンクで代用可能です。
靴を洗うときとつけ置きする時に使います。

①お湯をバケツに貯める

スニーカーを洗うためにお湯をバケツへ溜めます。
お湯の温度は40度程度が良いです。今回は43度に設定しました。熱湯は靴が傷むので、殺菌をしたい場合を除いて使わないでください。

お湯を使う理由は、皮脂汚れ、汗汚れは、お湯の方が落ちやすいためです。
汚れの落ち方が違うので、必ずお湯を使ってください。

お湯が溜まったら、選択用洗剤を少量いれてください。

②バケツへ靴をいれて洗う

バケツへ靴を入れて洗っていきます。
手で揉むようにして洗っていきましょう。
特に汚れの酷い箇所や、靴底は歯ブラシで優しく磨いていきましょう。

あまりにも汚れがひどい場合は途中でバケツのお湯を取り替えてください。

③1~2時間程度、浸け置きする

一通り洗い終わったら浸け置きをします。
お湯へ浸け置きすることで、汚れがお湯へ溶け出します。

④靴をお湯ですすぎ洗いして、日陰へ干す

お湯ですすぎ洗いをします。
洗剤が残っていると、足がかぶれてしまう原因になります。
しっかりすすぎましょう。

洗い終わった後のバケツです。
汚すぎ~~!

これだけ汚れが落ちたということです。
きちんと洗えています★

色落ちを避けるため、靴を日陰へ干します。
あとは乾くのを待つだけです。

既に、結構キレイになっているのがわかる!

乾燥後・・・

丸一日くらいで乾燥が完了です!

仕上がりはこんな感じです。

写真だとわかりにくいですが、全体的に明るい色に戻りました。
手洗いしたので、靴も型崩れしていません。

汚れが目立っていた部分は・・・

明らかに薄くなっています。
わかりますか??

これくらいの汚れなら綺麗に取れちゃいます。
次から気持ちよく履けますね♪

おしゃれも清潔も足元から!

靴を洗うと、どうしても傷みます

いかがでしたでしょうか。

簡単に靴を洗うことができます。
しかしながら、手洗いでも、靴が全く傷まないということはありません。

いくら手洗いでも、頻繁に洗えば、どうしても靴は傷みます。
ですので、洗う頻度は最小限に抑えましょう。
(勿論、汚れてしまったら洗いましょう。。。)

そもそも、靴を汚さないために、雨の日は履かない・毎日履くのは避ける等の工夫も、靴を長持ちさせるためには、とても有効です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました