【銘店伝説】これは美味しい!アイランド食品「なんつッ亭」のチルド麺の再現性がすごい件

チルドラーメン

こんにちは。主婦のNICOです。

最近、チルド麺にハマっている主婦NICOです!

今回は、念願の銘店伝説シリーズの「なんつッ亭」のチルド麺をゲットすることができました♪

昔は出張帰りに、品川に月1は食べに行ってたよ~

マー油がおいしいんだよね~~!

なんつッ亭に関しては、神奈川の秦野本店まで食べに行ったことがあるくらいファンです。
(これも出張ついでに寄っただけなんだけど。。。)

それにしても、なんつッ亭が家で食べられるってすごくないですか!?
やっぱりね、小さい子供が家にいると、ラーメン屋さんは中々行けません~~

でも、ラーメンは作るのも簡単だし、子供も大好きだし、野菜もとれるので、最高なメニューなんです。

子育て世代のラーメンが嬉しい理由
  • 子供がラーメン大好き
  • 野菜も一緒に摂取できる
  • 作るのが楽


という事で、今回はなんつっ亭のチルド麺を作る様子と、レビューをしていきたいと思います。

なんつっ亭ってなぁに??

臭みがなく、濃厚でクリーミーなとんこつスープが特徴で、そのスープには黒マー油で風味を出しています。
品川駅の「品達」に出店している超が付くほどの有名店です。

実は、サラリーマンをしていた頃は、月に何回かは飛行機で地方出張をしていた私。。
羽田空港からの帰りには必ず、「品達」のなんつっ亭にお世話になっていました。

本当に懐かしい〜〜!!
というか、「なんつっ亭食べたいよ〜〜〜

そういえばですね…、このコロナの影響で品達が閉館となり、「なんつっ亭」も閉館に。。。

日頃よりご来店頂き、誠にありがとうございます。
この度、なんつッ亭品川店の営業施設であります「品達」の閉館に伴い、2020年3月31日をもちまして「なんつッ亭弐」は営業を終了することになりました。
2004年以来長きに渡り、近隣にお勤めの皆様、観光にいらした方々、また海外からも多くのお客様に支えて頂き、ご愛顧賜りましたことを心より御礼申し上げます。最終日まで感謝の想いと「一杯入魂」の気持ちを込め、珠玉の一杯をご提供する所存でございます。
どうぞ皆様、品達営業期間中に是非ともご来店頂けますよう、心よりお待ち申し上げます。
有限会社なんつッ亭 品達内なんつッ亭弐スタッフ一同

なんつっ亭公式HPより引用

これは、本当に悲しいです。。。

一時閉館とかじゃないですもんね〜。
また食べに行きたかったのになぁ…。

気を取り直して、実際に作ってみる

この「なんつっ亭」のチルド麺は、1袋2食入りで値段は大体300円でした。
もっと安いものもあるので、値段帯は強気な方だと思います。

それでも、他に具材買っても2人分を600円くらいで作れるのでかなりお得ですよね〜。

本家で食べると一食900円強ですけど、これなら1食300円ちょっとくらいです。
主婦に嬉しい、コスパ万歳〜!!

袋の中には、麺とスープが入っています。

麺は細めでしょうか。ストレート麺ですね♪

細麺は茹で時間が難しいんだよなぁ〜。

2分〜3分って書いてあります。
何分茹でるか迷う….。

袋の裏側に、作り方が書いてあります。
鍋とフライパンひとつづつ用意して、具材とお湯を作るのが良さそうです。

今回は、本家の具材は無視して、野菜炒めで代用したいと思います。
好きな具材でアレンジできるのも、チルド麺の良さではないでしょうか。

今回は、野菜ミックスと、豚肉を使いました。
軽く塩コショウを振っておきました。

野菜を炒めている間に、ラーメン鉢にお湯を入れて器を温めておきます
その後、麺を茹で始めたら、スープを作っていきます。

こちらがスープのもとです。
マー油も確認できますこれは期待値高め
(ラーメン鉢はキャンペーンでもらった我が家の家宝、吉村家どんぶりwww)

お湯250mLで薄めます
こう見ると黒マー油が少し少ないように見えます。

茹で上がった麺と、その上から具材をのせて完成!!
特にスープに期待ですね〜。

これは期待できそうですよ〜!!!

案の定、麺はちょっと伸び気味…。
茹で時間3分にしましたが、2分でよかったかもしれないです。

味も、本家の再現クオリティが高めでした。
きちんと黒マー油を感じることができました。
誰が食べても、「なんつっ亭だ!」と分かります。

もちろん、本家の方が美味しいんですけど、家でなんつっ亭が食べられるなんて…感動!!!

欲を言えば、黒マー油が少なかったです
本家の方はたっぷり黒マー油が堪らないんですよね〜。

にしても、チルドラーメンの中ではかなり高ランクの方に入ります。
中々スーパーで売っていないのが難点ですが、見つけたらリピート決定ですね。


以上、作ってみた&レビューでした♪

銘店伝説「博多だるま」の作ってみた&感想はこちら↓
茹で時間と具材を失敗しました…

コメント

タイトルとURLをコピーしました